警察に聞いてわかった自宅に大分前から盗聴器が仕掛けられていたらしい

micro-tochoなんと、自宅に盗聴器が仕掛けられていたらしいです。探偵と警察が入って盗聴調査をしたら出てきたとのこと。私が引っ越してくる前の話みたいですし、古いものなので大したことは聞き取れていないみたいですが、まさか自宅に盗聴器があるなんて驚きでした。私が引っ越してくる前からあるということは、私の前に住んでいた人のことを盗聴していたということなのでしょうか。

というか、何故誰も気づかなかったのでしょう。確かに、場所だけ考えると、生活しているときに気づかないというのは分かります。ですが、引っ越すときに業者の人が気がつきそうな場所なのです。まさか業者の人がなんてことも考えてしまったくらいです。

とにかく私に関しては大したことを聞かれていないということなので、ホッとしました。具体的には、ずっとザラついているようなかんじみたいです。もし鮮明に聞かれていたら、私はどんな精神状態になってしまったのでしょう。とにかく気持ち悪くて仕方ないかもしれません。

ですが、本当の被害者はきっと、私の前に住んでいた人でしょう。その人がいたときはきっと、まだ鮮明に盗聴出来ていたかもしれません。そもそも仕掛けた本人は何故盗聴器を仕掛けようと思ったのでしょう。そこか結構気になってしまいます。盗聴器を仕掛ける人の気持ちなんて分かるはずもありませんし、分かりたくもありません。

ストーカーだったのかもしれませんね。捕まっていることを信じたいものですが、どうなっているのでしょう。もしかしたら、盗聴器を仕掛けたことも忘れているかもしれませんね。

嫁の盗聴器と夫の盗聴発見装置のバトル!

人には知られたくないことのひとつやふたつあるはずです。普段の生活を人に知られたら不快ですよね。しかし、もし嫁によって盗聴器を仕掛けられていれば、普段の生活を知られてしまうおそれがあります。何気ない会話から生活音まで盗聴器を介して相手に知られてしまうかもしれません。そんなことになったら、プライバシーも何もありません。自分は盗聴なんてされるはずがないと思うのは危険です。

誰にだって盗聴される可能性はあるのです。盗聴されているか不安になったら、すぐにでも盗聴器を探すべきです。盗聴器を発見するためには業者に依頼する方法と自分で盗聴器発見装置を使用して発見する方法とがあります。確実に盗聴器を発見したいのであれば、盗聴器発見業者に依頼するのがよいでしょう。業者の方はプロですから、信頼できます。自分で探すのはちょっと不安だったり、めんどうだと思うなら、業者に依頼した方が堅実でしょう。もちろん料金はかかりますが、安心を最優先したいのであれば迷うことはありません。盗聴器発見業者といっても、いくつもあります。業者によって実績や料金は異なりますから、よく比較して安心して依頼できる業者を選びましょう。

夫が自分で探す場合は、盗聴器発見装置を購入して探しましょう。ネット通販でも購入できますから、自分が購入しやすいところで購入しましょう。盗聴器はわりと簡単に設置できてしまうので、その危険性は多くの方が思っているよりも身近にあります。少しでも盗聴されているかもと思ったら盗聴器を探してみましょう。

盗聴があれば盗撮だってありえる!ストーカーの犯罪を許すな

盗聴盗撮をされているのかもしれないという状況はどのようなことからわかるのでしょうか。例えば、自分が外出して帰ってきたときに、なんとなく出かける前と雰囲気が違うような気がする、つまり何者かが家の中に入ったのではないかと感じるときや、無言電話が多いのが気がかり、室内になにか音がするような感じがしている、その他以前の交際相手がストーカーのようなことをしそうで、相手の性格からすると、電子機器に詳しそうだし、執念深い、ひょっとしたら盗聴器を仕掛けるとか盗撮をする、嫌がらせをすることも考えられる、そんなこともあるかもしれません。その他誰かに覗かれているような気配がすることもあるでしょうし、自宅周辺に怪しい人影を見るとか、同じ車がうろうろしているように感じている、いずれにしてもそうしたことがあるとストーカーされている可能性が高いかもしれません。はっきりとそれを確信するまではなかなか動くことができないかもしれませんが、そのようなときには探偵事務所に相談することができます。

まずは探偵は盗聴器が仕掛けられているかもしれないということで盗聴周波数調査をしてくれることでしょう。それによってコンセントの中にそれを発見するかもしれません。あるいは車の中にGPS発信機や盗撮カメラといったものがある場合もありますので車両の調査をしてもらうこともできるでしょう。盗聴や盗撮によってストーカーの嫌がらせをするような人から自分を守るためにも必要な手段は講じていきたいものです。

あなたの家は大丈夫!?盗聴器について調べてみた

近年、離婚率は高い水準にあり、社会問題となっています。その理由としては女性の経済力が増したことで離婚しやすい地盤が整ったことと、浮気や不倫が世間からより厳しい目で見られるようになったことがあげられます。離婚原因として浮気や不倫であった場合、慰謝料にくわえて、社会的信用も失うことになります。怖いですよね。ということで、浮気調査として探偵が調査対象の家に盗聴器を仕掛けたりするケースが増えてきている一方で、ストーカーによる盗聴も後を絶ちません。あなたの家は大丈夫なのか、実は盗聴されやすい条件というのがあるらしいのです。

多くの場合では夫婦間の仲が悪いケース、片一方が離婚をしたがってるケースです。このような場合、お互いの腹を探るために盗聴器を仕掛けたり、探偵に依頼して自宅に盗聴して調査を行ったりといったことも考えられます。

自宅を見回してみてください盗聴器を隠す場所が豊富ではありませんか?一般家庭に取り付けられやすい場所としては、テレビの裏側、室内灯の中、コンセント、絵画の裏などがあげられます。盗聴器にはマイクで音声を拾う、無線型やコンセントに差し込むだけでいいコンセント型、コンセントの裏側に隠すように仕掛けるクリップ型があります。いずれにしても隠す必要があるので、物の裏、そしてコンセント周辺が特に怪しいということです。

また、盗聴器が正常に動作しているかどうかを確認するために、盗聴者は電話をかけてコール音が聞こえるかどうかで判断しているそうです。最近いたずら電話が増えたなーなんて思ってたら盗聴器が仕掛けられていたというのはよくある話です。

そういえば、いたずら電話が増えたし、どうにかして盗聴調査ができないのか。実は、身近にあるもので調べることができるんです。それは、FMラジオの受信機。盗聴器はラジオの周波数を使っているため、ラジオを使うと、その電波を拾うことができます。周波数を低いところから高くしていき、家の音と同じ音がラジオから聞こえたなら、盗聴器が仕掛けられているかもしれません。これを機に、一度手持ちのラジオで調査してみてはいかがですか。

周波数としては400Mhz未満であることが殆どです。

ゲスの極み!自宅に盗聴器をセットして女性を招き、その時の行為の音声を録音

私は自分の家に盗聴器をしかけています、理由は性行為の音声を録音したいからです。私は出会い系サイトを良く利用して、女性を家に招き性行為をしています。

出会い系での出会いなので継続の時もあれば、1回きりの時も多いです。そんな時の自分の思い出にと盗聴器をしかけています。ちなみに盗聴器はネットの通販であった数千円の物を購入したのですが普通に音声も綺麗なので安物でも十分に使えます。

仕掛けている場所はベッド付近の机の裏側にペタリと。まずそんな所見つかる事はありませんし、勿論見つかった事もありません。

家に招き、その後を楽しみ、相手が帰った後に机の裏の盗聴器を外し早速パソコンに繋ぎます。そしてその行為の最中の部分の音を取り出し、編集します。

自分の声が入っているのはちょっと違和感があるので変な感じがしますが、それでも相手の女性の声を聴いていると再度興奮がよみがえってきます。良く喘ぐ女性の声だと尚更です、そして帰った後にその音声を聞きながら目を閉じて思い出し、二次会の様なオ●ニーをするのが私は大好きです。

盗聴エロ動画を見てオナニーしてから、自分でもやってみようかなと思い試してみて、そしたらやっぱりハマって今では実際に会って性行為をする事よりも楽しみな時があるぐらいの私の娯楽になっています。

今ではそれをやり続けて個人的なお宝盗聴音声が数十件と溜まっています。この記事を読んだ男性の皆さん、出会いの後にちょっとした晩餐を楽しみたければ盗聴はお勧めです。

みなさんは絶対にやらないでくださいね。